SPACE KINDS BBS 過去ログ
HOME 
記事リスト ( )内の数字はレス数
ウォーでがんす(0) / サービス(0) / 映画の話(6) / 今年の夏ももう終わり(?_?)(4) / 今年のカインズ旅行(3) / 読書の秋への準備体操(0) / フェイスマン(0) / 必殺からくり人(0) / ぼくはSFファン(4) / 観劇(0) / マッハ!!!!!!!!!!(0) / 花火でゴー(0) / 前後賞?(1) / カツオ君とマインド・ゲーム(0) / スパヒロ(3) / サンダーバー君(5) / 暑中お見舞い申し上げます(2) / 7日から(1) / 楽しかったです(2) / 深川時代劇ライヴ(4) / 通常報告(笑)(0) / やっぱり正夢だったかな…(2) / 寂しい休日に・・・(1) / ありがとうございました!(0) / お疲れ様でした(2) / 日本の長い一日(0) / 行ってきまーす(0) / ブルース・リー(2) / いよいよ明日ですね(1) / しろいきょとー(1) / もうじきライヴ(1) / 茶の味(1) / お久しぶりです(2) / 江戸気分(3) / 暑中お見舞い(1) / 安っ!(4) / 美味しんぼ(0) / 山よ(2) / トミコ(2) / 演奏予定曲一部公開(4) / 祝・ロー&オーダーDVD化(0) / 餃子・レコード(2) / スペースカインズライヴ6(4) / star615(0) / ネスカフェ・ゴールドブレンド(5) / ジョーズ・デー(0) / SF映画デー(1) / 妄想・ジョーズ(0) / ジャイアンバースデイコンサート(4) / 映画アラカルト(古ッ)(2) / アイドル刑事(5) / 只今アルコール15%(0) / 血液型の話(3) / 空飛ぶ・・・千と千尋(笑)(1) / 釜じい(0) / アイドル刑事はいかに?(3) / クイズ番組の記憶(2) / 31日(6) / 30日(0) / ナレーションについて(3) / お誕生日おめでとうございます(3) / 光次元戦士ガイセイバーZ(1) / ザ・チャンバラ(3) / バビロン5・最終シーズン突入(0) / 趣味、映画鑑賞(0) / 映画の日(3) / クーロンズ・ゲート(0) / 田宮二郎さん(3) / ふたアニ♯2(3) / パソコン復活!(2) / (無題)(1) / 新担担麺(2) / 開運音楽堂(0) / 大いなる旅路(2) / ふたアニ大阪の日(0) / スパロボ東京の日(1) / GWの過ごし方(1) / ありがとうございました(1) / 明日はスパロボ(0) / ヤーグへ(2) / ワル(0) / ヤッチマイナ〜(0) / こんな対決(2) / 甘茶(3) / 遅かれ早かれ(3) / 宣伝(2) / 初カキコです^^(1) / エース2(0) / CMカーニバル(1) / カンバック・サーモン(4) / テニス・ブーム(0) / 突然の訃報(1) / エースをねらえ!2(0) / 思いっきり贅沢したいですよね。(1) / 映画の日(0) / 恋のフルーツ・パンチ(2) / 柳原、お前だったのか?(2) / 芦屋雁之介さん逝く(2) / ウルQ(0) / 侮れないスーパー・・・(3) / 早いもので(0) / 今度は…(2) / ライブ楽しかったです(1) / アイドル刑事F(0) / マジで・・・(1) / 亀ですみません(1) / りくえすと(1) / お返事です(0) / 風車の弥七(0) / こゆいですね〜(1) / 私ブッチャケ「ドラリスト」(3) / エイプリールフール(2) / カウンター(0) / 頭から離れない(2) / ありがとうございました!(1) / お疲れさま(0) / おなかいっぱい・・・(0) / ありがとうございました(1) / ライヴ終了(2) / 楽しかったです(^-^)(0) / スペースカインズライヴ5(0) / スペースカインズライヴ(0) / ブルースに花束を(3) / シスコ頭(0) / もうじきライブ(0) / 夢の88円デー(7) / 東京砂漠…って横浜の話?(5) / 均一屋さん(2) / 今年も・・・(2) / エースをねらえ、終了(1) / 魔力(8) / エースをねらって白黒つけてみる(1) / エースをねらえ!(2) / 花冷え(1) / ライヴが楽しみです!(3) / (無題)(0) / やっぱり(5) / カレーなる殺陣(2) / 電化製品の達人様!(3) / まとめてお返事(8) / 水戸光圀(2) / へぇ〜攻撃(3) / びっくりだ(3) / あはは(0) / ぼくドラ・・・(3) / まるで日記状態(1) / タネ明し(3) / ライヴ情報(0) / 貴日さんへ(0) / ドラえもん(0) / ほえろ!太陽にも(4) / (無題)(1) / 毎度ありがとうです(0) / スペースカインズまつり(0) / 元旦(1) / スペースカインズライブ5(1) / りくえすと!(1) / 初めましてm(_ _)m(1) / いよいよ(2) / 初めてまして(1) / はじめて行かせて頂き感激!(1) / 今日「も」楽しかったです(1) / 本日ご来場頂いた皆様へ(0) / 来月、参ります。(0) / 更新しました。(1) / 復旧いたしました。(1) / おめでとうございます!(0) / わーい!一番乗り!(0) /


記事リスト
[370] もうじきライヴ
□投稿者/ 貴日 -0回-(2004/07/24(Sat) 10:18:11)

[引用]

昨夜はライヴの最終リハーサルでした。
ああっ、もうすぐライヴなのね。あれもこれもあーしたいしこーしたいし…色々バタバタしているうちにもう1週間前になっちゃいました。
あ、気分がブルーだからブルーの文字っていうわけじゃないのよ。もうこうなれば後は野となれ山となれ…あぁ、でも…

> にゃんまげさん
いらっしゃいませ。

> 内容が旧世紀の日本ドラマ全盛期と同様お約束テイストだから、安心して見られるのが原因かも
にゃるほど。

> 「美しき日々」と、日本人の女優さんが出演の「オールイン」にはまって
今度チェックしてみます。日本人の女優さんって誰だろう?折角の韓国ブームなんですから、この機会に日韓のなんとなくギクシャクした関係がスムーズになって行くといいですね。
対個人では大丈夫なのに、対国ではいつも残念に思っています。まず各国の教育のあり方や、各家庭の認識を改めなければならないでしょう…ちょっと難しいことを言おうとしてハマってしまいました(笑)。

> なにわのご隠居さん、こんにちは。
キューブリックの名作『シャイニング』を見ながら、後ろにも恐怖が…(笑)。それは、なんという不運なんでしょうね。前にジャック、後ろにおやじ。
そのおやじは怖いとき、太ももをひっぱたくのが癖…なんでしょうか?
それとも幼い頃から、おばあちゃんとかに「いいかい、怖いときは太ももをひっぱたくんだよ。そうすればコワイものは逃げて行くからね…」なんて言われて育ったのかも(笑)。それなら、そのおやじが太ももをひっぱたいていたら「ああ、あの人は今恐怖を感じているんだな」とすぐわかりますね(そういう事じゃなくって…)。

ちなみにそのリバイバルはバージェス原作の『時計仕掛けのオレンジ』とのカップリング(併映というにはちょっと豪華)でしたよね。貴日も行きました。『シャイニング』はお気に入りで、3度劇場に観に行っています。なのにまだDVDは持っていないのです。最近売っているバージョンは短く(2時間くらいに)されているんですよね。残念。

あぁ、もうじきライヴだ…まだ言ってる…



[371] Re: もうじきライヴ
□投稿者/ じゅうよっつ -0回-(2004/07/25(Sun) 14:57:39)
Res1
[引用]

ほんとにもうじきですねー。(って更にプレッシャーかけてどーする)
ライブで貴日さま始めスペースカインズの皆さまの演奏を聴けたら、きっと帰りは元気一杯、とーい昔の自分の力や夢を再び前面に押し出して、翌日からがんばれそうな気がします。
そう言う意味でもうかがいたかった。ああ、でも・・。

 
記事リスト


記事リスト
[367] 茶の味
□投稿者/ 貴日 -0回-(2004/07/23(Fri) 01:52:14)

[引用]

じゅうよっつさま、いらっしゃいませ。
刀についてはまさに、その通りですね。判ってるうちならいいんですが…ね。

さて、本日石井克人監督の新作『茶の味』を観てまいりました。楽しみにしていた作品でしたが、まさに期待を裏切らない出来に大満足。いやぁ、素晴らしいです。あの曖昧さ、堪りませんね。
143分もあるのに短く感じてしまいました。これは買っちゃうな、きっと。DVD買うな。今のトコ今年度のベストワン貴日賞です(そんなの欲しくないか?)。口じゃ(文字じゃ)巧く説明出来ないので、是非みなさんもご覧になって下さい。笑えます。泣けます。バカバカしいです。

最近の映画館での教訓をひとつ。「おやじの傍には座るな」です。折角映画を楽しみたいのに、おやじ達は咳払いはする鼻はすする、くしゃみは連発、でっかい声で必要以上に笑う、中にはヒトリゴトを言って画面に突っ込みいれてる奴まで居ます。以前たばこ吸ってる(勿論、上映中禁煙です)奴もいてビックリ。誰か、彼らに公共心のカケラを教えてあげて下さい。もし自分の親があんなだったら落ち込むだろうなー。



[369] おやじの傍
□投稿者/ なにわのご隠居 -0回-(2004/07/24(Sat) 00:45:52)
Res1
[引用]

☆貴日さま
違うスレッドの話ですが、刀の差し方についての見解、頷けました。
なるほど、大人気の時代劇界のスーパースターなわけですから、
そこまで超人的なカッコよさを魅せてくれるというのもアリなん
ですよね。しかし、歴代の役者でそれを実現できたのが萬屋錦之介
だけだったとは・・・やはり只者じゃないですね。

さて、「おやじの傍には座るな」、同感です。でも、気が付かない
うちにおやじに後ろを取られてしまう、って場合はどうしようも
ないですよね。実は、私も苦い経験があります。今から20年程前、
スティーブン・キング原作で、スタンリー・キューブリックが監督
したことでも有名な作品『シャイニング』のリバイバル上映を観に
行った時のこと。私は同じSF研の仲間と一緒に観ていたのですが、
私の後ろに、問題のおやじが居たのです。最初は、その存在にさえ
全く気が付かなかったのですが、映画本編のストーリィが佳境へと
向かい緊張感が高まってきて、ちょっとした効果音にさえ、ビクッ
とするような雰囲気の中、突然「パーン!」という甲高い音が私の
後ろで響きました。一瞬何ごとかと思って振り返ったら、おやじが
自分の太ももを手のひらで叩いた音だったのです。振り返った時に
そのおやじの顔を睨み付けました。そのことで、多少はたしなめる
ことができたかな?と思っていたのですが、このおやじ、性懲りも
無くその後も緊迫するシーンでもお構い無しに太ももを「パーン!」
と叩きます。最初は「このぉバカヤロウ!」と怒りがこみ上げて
来ていたのですが、映画のストーリィの進行と相俟って、だんだん
「こんな常識はずれな行為を反省も無く繰り返すということは・・・
ひょっとして、頭の具合がかなりアブナいおやじなのでは?」とか
「ヘタに注意したら、後ろから刺されたりして・・・」という具合に、
その得体の知れなさに想像がどんどん悪い方向に広がって怖くなり、
結局最後までヘンな緊張感を抱きつつ観ることになってしまいました。
後にも先にも、こんな妙な体験はこの時限りでしたが、もうおやじは
カンベンして欲しい、と思いました。

 
記事リスト


記事リスト
[346] お久しぶりです
□投稿者/ にゃんまげ -0回-(2004/07/12(Mon) 20:44:25)

[引用]

先週末久々に映画館に行ってきました。
しかも隣の市まで電車代までかけて(笑)。

ブームにはとりあえず食いついておく性分なので、
今話題の韓国作品「純愛中毒」をチョイス。

開始10分はアジア映画鑑賞時のお約束「そっくりさん探し」に夢中でしたが、
音楽・構成共にフランス映画を意識した作風で結構(^^)bでした。
ストーリーは…いろいろな意味で意味深な作品でした。
サイコホラーの要素も強かったので(私見)、これからの季節には
ピッタリかもしれません((+_+))。



[351] サイコホラー
□投稿者/ 貴日 -0回-(2004/07/14(Wed) 12:08:40)
Res1
[引用]

にゃんまげさん、お久しぶりです。
映画館、いいですよね。昨夜所用で豊島園駅(関東均衡以外の方へ…あの遊園地のある駅です)まで行き、少し時間があった(映画を見られるほどはなかった)ので駅の上(地下鉄大江戸線)に出来た映画館の入口ホールに行って見ました。どーんと広くて、サンダーバード2号(劇場版)とかスパイダーマンとかの展示があったりグッズを売ってたりでなかなか静かでいいところでしたよ(静かってのはダメなのか?)。
ゴッドファーザーもやるようだし、今度行ってみよう。

さて『純愛中毒』…すごいタイトル。しかもフランス映画風韓国映画(フランス料理の焼肉が浮かんだ。タレが特別ソースとか言われてるの)。えっ、それって詰まらないってこと?…いえいえ、冗談です(笑)。貴日の周りでは「フランス映画=詰まらない」という人が沢山居ます。貴日は結構好きな映画多いんだけどなぁ…。
最近の韓国映画(ドラマ)熱はスゴイですよね。面白いなら見てみなきゃ…チェックしとこう。サイコホラーの要素ありってところに惹かれる。
ところで、そっくりさん探しはお約束だったんですか?今までそうやって見た事ありませんでした。目からウロコ。

 
[368] そっくりさん探し
□投稿者/ にゃんまげ -0回-(2004/07/23(Fri) 10:05:08)
Res2
[引用]

私の中では学生時代からずっとお約束でした。
一度始めるとキリがなくなるのが難点ですが(^_^;A)。

>韓国映画(ドラマ)熱
内容が旧世紀(いつの時代だ(^^ゞ?)の日本ドラマ全盛期と同様
お約束テイストだから、安心して見られるのが原因かも知れません。
「暑い時には熱い物」という事もあるのでしょうか(?_?)?

個人的には音楽業界の内幕物「美しき日々」と、日本人の女優さんが
出演の「オールイン」にはまっています(^_^;)。

 
記事リスト


記事リスト
[363] 江戸気分
□投稿者/ 貴日 -0回-(2004/07/20(Tue) 01:30:32)

[引用]

本日、K君と共にライヴ会場の深川江戸資料館へ行ってまいりました。
目的は、資料館の展示を見ることと、個人的にはこっちがメインでしたが、噂の深川めしを食べることです。

元々深川めしとは、ザックリと切った長葱と生のあさりを味噌で煮て、熱い飯にかけたもの…だそうで、平たく言うと、あさりの味噌汁かけご飯ですね。深川の漁師がよく食べていたものなんですって!いやはや、ぶっかけ丼好きな貴日には堪らない食べ物です(笑)。それを弁当にするにあたって炊き込みスタイルにチェンジしていったといいますから、このオリジナルなスタイルをいちど食べたかったのですよ。現在では、炊き込みがメインですからね。それは食べたことあるんで…

さて、午後一にK君と清澄白河の駅で待ち合わせ、資料館へ…ではなく、まずは資料館前の深川めし屋で腹ごしらえです。タイミングが良かったのか、殆ど待たずに入れました。われらが入った後、店の前にはもう行列が…。
実はここ、前もってネットで調べて行くことにしてました。今日はどうあってもぶっかけの元祖深川めしを食べずにおくものか…ってな具合です。で、当然貴日はぶっかけ(\1,800税別)、K君は炊き込みとぶっかけのセット(\2,000税別)を所望。
ハフハフ言いながら食べました。ウマーイ。みなさんも是非ぶっかけを食べてみてください。味噌汁かけご飯だと思うとちょっと高いけど(笑)。

そして、資料館の展示を見ました(300円)。広い体育館のような空間に、江戸の家並みが再現されていて、なかなか壮麗です。入り口入るとすぐ、眼下に家々の屋根が見えます。気分はもう弥七ですね。また屋根上に不気味に動く猫がいて、にゃーんとご挨拶。階段を降りると目の前には江戸の町が広がります。そこで、非常用水の影に隠れたり(時代劇ではこの影にしゃがむと追手から逃げられる)、長屋の中に入ったりしてきました。なんでも、時間で照明が切り替わるそうですよ。われらが入ったときは夕方でしたが、出るときは昼間になってました(笑)。

資料館を出て、清澄庭園へ。でっかい人工池のある日本庭園です。150円で入れます。ここもなかなか綺麗なところですから、時間があるときは行ってみてはいかがでしょう。折角行っても入れないと残念だから、それぞれ、休館日等は調べて下さいね。

さて、貴日はその後K君と別れて恵比寿にトヨエツの『丹下左膳・百万両の壷』を見に行きました。映画館的にはダメかも知れませんが、結構空いていて、ゆったり見られ、ラッキーでした。
これは山中貞雄監督、大河内傳次郎主演の『丹下左膳余話・百萬両の壷』のリメイクだそうです。山中・大河内版を見ていないので、なんともいえませんが(原作とは別物のようですね…今度山中版も見てみよう)、作品は楽しかったですよ。人情味溢れる左膳(いいひと)というのが、驚きですが…結構ラブリーな左膳でした。また、あんまり期待はしていなかった豊川悦司の殺陣も思ったほど悪くなかったですし、和久井映見の歌うような、独り言のようなセリフは、妙に楽しかったです。ただ…刀を右に差してることと、トヨエツがベンガルに似てる気がしてしまったのが…ちょっと。わ、ゴメンナサイ。ファンの方(慌)。

ま、今日は一日江戸気分ということで…。



[364] 深川めし一膳
□投稿者/ なにわのご隠居 -0回-(2004/07/21(Wed) 02:28:56)
Res1
[引用]

深川めし・・・私、一度食べたことがあります。とある方に、ご案内して
いただいて、深川の漁師がよく食べていたというお話も伺いました。
食べたのが朝で、お腹がまだ本格的には動き出していない時間ということも
あって、この汁かけご飯の、温かさと食べ易さが胃に心地よかったです。
私にとっては、とっても良い想い出の深川めし。また食べてみたいなぁ。

いよいよライブが近づいてきて、深川江戸資料館をこの目で見られる日が
くるわけですね。何か、とっても楽しみです。

『丹下左膳』ですが、私も昔の山中・大河内版は、存在を知っているだけで、
全然観たことはないですね。古い映画やTV版も含めると、丹下左膳って、
今までに17人の俳優が演じてきた、大人気の時代劇キャラだそうです。
凄いよなぁ。トヨエツのこれも、時間に余裕があったら一度観てみたいとは
思うのですが、その他にも観ておきたい映画があるので、果たして観られる
かどうか・・・。

原作とは別物で思い出しましたが、一番最初の小説を書いたのが林不忘
らしいですが、最近“新版”という形で、巨椋修(おぐら おさむ)という
方が小説を書いていらっしゃるそうです。で、それを元にコミカライズした
ものがリイド社から発売されていますが、その描き手が、なんと! 私の昔
の同人時代の知り合いでした(^^; 同人時代からとっても描写力に長けた人
だったので、このマンガ版『丹下左膳』結構楽しませてもらいました。
こちらの左膳も結構ラブリーな部分を持ってます。興味のある方は、どうぞ。

> 刀を右に差してること

まぁ、確かに違和感はありますワね。普通なら当然左差しですからね。
時代劇を見慣れていればいるほど、妙な絵に思えてしまいます。でも、
右腕を失った左膳ですから、反対に差すのは仕方ないですよね。

 
[365] 左to抜け!
□投稿者/ 貴日 -0回-(2004/07/21(Wed) 13:18:00)
Res2
[引用]

なにわのご隠居さん、いらっしゃい。

深川めし…貴日とK君は江戸資料館前の確か「深川宿」というお店で食べました。ちょっと狭いお店なのですぐ行列が出来るようです。

さて、左膳。
お知り合いの方がコミカライズされてるんですね。以前ここで話題になったトニー氏もそうでしたが、マンガ系には広いつてをお持ちですね。

刀を右に…のくだりは、貴日的には納得出来ません。いくら右手が無いからといっても、なんちゃって武士じゃなく、ホントの武士である左膳には、幼い頃から身体のシンまで染み付いている作法、所作です。ですから左膳は浪人なのに小刀を帯びています。ある意味要らないのにです。
いくら「乾坤の巻」で破れかぶれの浪人になったとは言え、現代ならばいざ知らず、古来日本では箸を左手で持ってはならなかったように、刀は必ず左に差していなければならないはず。しかも左に差した濡れ燕を左手一本であざやかに抜く!これこそスーパーヒーローではありませんか。
萬屋錦之介"左膳"が、左に差した刀を左で抜いていました。かーっこいいでしょ。ある意味、居合や、拳銃の早撃ちに通じるカッコ良さです。
確かに左に差した大刀を左で抜ける役者は、時代劇全盛だった時代ですら、殆ど数える程しか居なかったといわれてます。でも新作なんだし、CGだって発達してるんだから、出来ないからやらないでは、あんまり情けないじゃあありませんか?

 
[366] 刀
□投稿者/ じゅうよっつ -0回-(2004/07/22(Thu) 22:39:47)
Res3
[引用]

確かに、貴日さまが仰るように、左に差して左で抜ける役者さんは今、きっといらっしゃらないでしょうね。いらっしゃるとしたら、殺陣専門でやられてる方とか。
で、コワいのは、そのうち、丹下左善は右差しが常識になっちまうことですね。”分かっちゃいるけど”でやってるうちはいいんでしょうが。

 
記事リスト


記事リスト
[360] 暑中お見舞い
□投稿者/ ペッパー長澤 -0回-(2004/07/19(Mon) 23:43:35)

[引用]

貴日さま。暑中お見舞い申し上げます。東京は連日の猛暑とか。8月はコミケ参加で上京します。新刊は遅れて、イベントには間に合いませんが…。夏は公演はあるんですか?滞在中にタイミングがあえばいいですが。
うちはHDDレコーダ愛用しています。録画も殆どDVDに。テープより場所を取らないので保管が便利です。デジタルな生活が浸透してきてますね。
奥様、カインズのメンバにもよろしくお伝え下さい。



[362] お暑うございます
□投稿者/ 貴日 -0回-(2004/07/20(Tue) 00:18:24)
Res1
[引用]

ホント、暑中お見舞いもうし上げます。ペッパー長澤さん。
キャンディーズとピンクレディーが混ざったみたいで面白いですね。

夏の公演は、7/31です。ご都合あう様でしたら是非おいで下さい。詳しい場所等は本HPのライヴのところを見てくださいね。

 
記事リスト


記事リスト
[355] 安っ!
□投稿者/ 貴日 -0回-(2004/07/17(Sat) 23:49:13)

[引用]

本日、渋谷TSUTAYAに行ってビックリ。
ただでさえ、\5,980(ゴーキュッパ)と安かった据え置き型DVDプレイヤーが、今日から特価\4,980(ヨンキュッパ)に。
おいおい、それってソフトの値段だよ…と、ツッコミ入れたくなりますね。いくら外国製だからといって、そんな値段なのかい?食玩のシークレットの方が高いんじゃないの?
世の中って不思議。



[357] 時は流れる
□投稿者/ なにわのご隠居 -0回-(2004/07/19(Mon) 08:26:56)
Res1
[引用]

DVDプレイヤーが\4,980ですかぁ・・・それは確かに安いですねぇ。
DVDが世に出たのって、いつでしたっけ? 私の感覚では、つい先日
のような気がするのですが(^^; いつの間にかそんな廉価で買える
程に普及していたのですね。
昨年まではまだ値段の高かったHDD内蔵DVDレコーダーの方も、価格
が随分下がりましたよね。オリンピック商戦も絡んで、この夏一気
に普及しそうな気配です。家庭用VTRが売れ始めた頃、高級機は
\200,000以上もしたのに、今やそれ以上の性能のDVDレコーダーが
数万円で買える時代・・・。
さらに遡れば、電卓ってTVでCMが流れ始めた頃って、\59,800
もしていたんですよね。それが今や、量販店の店頭では100円単位
で投売りされているものさえあります。
電化製品は、技術の進歩が加速度的ですから、価格が下がるのも
年々早くなっているのでしょうね。

 
[358] ベータマックス
□投稿者/ 貴日 -0回-(2004/07/19(Mon) 10:16:20)
Res2
[引用]

なにわのご隠居さん、いつもどうも(笑)。
ビデオデッキ、ウチのは確か、\300,000くらいしてました。勿論ベータマックスで、それこそクラスどころか学校で1台(家業が電気屋さんは除く)とかの単位でした(笑)。
隣のクラスのあんまり知らない子たちから、「あいつのウチにビデオがあるんだぜ…」「えー、ビデオって何?」とかいう現在では考えられない会話が成り立ってました(ちょっと自慢でした)。四半世紀以上前の事です。
しかし、電卓…もう卓上という大きさじゃ無いですしね。しかし\59,800で買う人いないだろうなぁ〜。

 
[359] おひさしぶりです
□投稿者/ ともにゃん -0回-(2004/07/19(Mon) 12:35:40)
Res3
[引用]

久しぶりに風がさわやかなのでパソコンしています。笑。
来た甲斐がありました〜。
安〜い♪
私もそろそろ買おうかな〜。

 
[361] 安売り情報
□投稿者/ 貴日 -0回-(2004/07/20(Tue) 00:12:51)
Res4
[引用]

そんな事が「来た甲斐」?(笑)
 
記事リスト


記事リスト
[356] 美味しんぼ
□投稿者/ 貴日 -0回-(2004/07/18(Sun) 22:28:45)

[引用]

今日、K君と一緒に渋谷の「新楽飯店」に行きました。
ここは目まぐるしく店舗が入れ替わる渋谷において、もうずーっと同じ場所で営業を続けている中華+台湾食堂です。
場所は…といえば、センター街をまっすぐ、そのまま細い道に入って、(コンビニを角にした)一本目の路地を右に折れた所。店の外には、昔懐かしい蝋作りのサンプルの並んだケースと、それをも覆い尽くすようにメニューを書いた紙が貼ってあり、店内が殆ど見えませんが、怪しむべからず。勇気を持って中に入れば、ごく普通の中華食堂が広がっています。2階もあるのですが、我々はいつも1階。何故って?階段の昇り降りって面倒だから(笑)。
さて、そこで貴日は「豚肉のガツと筍炒め」と「豚足の醤油煮」、K君は「あんかけのラーメン(忘れた)」と「ギョウザ」を注文。
どれも美味しいのですが、ここに来たらやはり、「豚足の醤油煮」を食べなきゃあ始まりません。もし行かれる方がいらっしゃったら、絶対のお薦め品です。騙されたと思っていちどご賞味下さい。甘辛のタレでじっくり煮込んだ豚足は、口に運べばほどけて溶けて、もう固体じゃあありませんよ。まさに至福の味、口の中が幸せになります。



記事リスト
[352] 山よ
□投稿者/ 貴日 -0回-(2004/07/15(Thu) 11:28:36)

[引用]

昨日、石井克人監督の新作映画『茶の味』の劇中歌?我修院達也、驫木一騎、櫻井映子の3人が踊りながら歌う「山よ」のDVDを購入しました。
中身は「ぷぷぷ」…しかもキャプションがイカしてる。「山な気分に浸りたい人に最適なナンバー…」もうわけ解らん世界。変な歌に変な振り付け。しかもボーナストラックとして、我修院の歌う「あなたお湯ですね」と「三角定規の歌」収録(笑)。

石井監督といえば、DVDマガジン『グラスホッパ』や、『PARTY7』での狂いっぷりがステキな、貴日注目の監督です。そうかー、『茶の味』公開ももう今週土曜日かー。あああ、何とか時間を作って劇場に行かねば…ところで、この「山よ」っていうタイトルみて「鳩よ」って雑誌を思い出しました。あれ何の本だったんだろう?



[353] 鳩よ
□投稿者/ なにわのご隠居 -0回-(2004/07/16(Fri) 04:45:01)
Res1
[引用]

『鳩よ!』は、マガジンハウスが出版していた月刊総合文芸誌でした。
創刊当時は詩歌専門誌だったのですが、出版元の会長が亡くなってから
リニューアルし、小説中心の文芸雑誌に衣替えしたようです。とは云え、
映画関係の紹介記事も多かったらしいですが・・・。2002年4月に休刊
して現在は発行されていません。

ところで、文芸誌と云えば、白泉社が『MOE』という雑誌を発行して
いますね。こちらは、『鳩よ!』よりもさらに雰囲気が柔らかくて、
『花とゆめ』や『LaLa』といった少女マンガ雑誌を刊行している出版社
らしい誌面作りになっています。私自身、常に買ったり見たりしている
わけではないのですが、私が大好きなマンガ家・わかつきめぐみさんが、
以前コラムマンガを連載していたので、ちょっと気になっていたのでした。

 
[354] 休刊
□投稿者/ 貴日 -0回-(2004/07/16(Fri) 09:38:31)
Res2
[引用]

ああ、休刊していたんですね。それでは見ない筈だ。
なにわのご隠居さん、いつもありがとうございます。

 
記事リスト


記事リスト
[348] トミコ
□投稿者/ 貴日 -0回-(2004/07/13(Tue) 12:29:07)

[引用]

いやー、毎日毎日暑くて参っちゃいますね。
夏だから仕方ないとは言っても、こう毎日暑くっちゃ茹っちゃう。いま半熟です。そこで書きこみのフチを水色にしてみました。せめてもの涼しげな演出です。

さて、最近色んな事があったんだけども、忙しさに負けてここに書かないうちにどんどん記憶は「忘却とは忘れ去ることなり」って無くなっちゃうし…記憶力に関しては昔からとんと自信が無いので(だから見返す、読み返すのです…つまんない事は憶えていたりする)、もう朝食べたおかずすら憶えていないのですよ。は、は…年のせいではないのです。昔からって言ってるでしょ。

そんな中からつまんない事をひとつ。
つい先日のこと新作『はぐれ刑事』の新番組予告編で、「新人のベテラン刑事」っていうキャプションがあったのをご存知?
ついつい忙しさにかまけて例によって本編は未見。謎のキャプションだけが頭の中をグルグルグルグル…。アレ、一体何だったんだろー?
そうだ、そんな番組を見てる奴はK君くらいだろうと思って聞いたら、やっぱり見ていた。なんて閑なんだ。
何でも今度転勤してきた新人は、国広富之なんだって…なぁんだ。
でも何故今更、国広富之…どうせ謎の経歴でも持ってるんじゃないの?と口から出任せでいってみたら、これがどうもそうらしい(笑)。本人からは語ろうとしない暗い過去(まさかトミコか?それとも足の短い同僚刑事を凶悪犯人に殺されたのか?)があるらしいんですよ…ははははは…ここまでステレオタイプのキャラクターって70年代風で珍しいかも(はぐれファンの方ごめんなさいね)。
でも確かに新人でベテラン…日本語って不思議だぁ。見てみようかなー。



[349] 新人のベテラン
□投稿者/ なにわのご隠居 -0回-(2004/07/14(Wed) 03:13:03)
Res1
[引用]

今の「はぐれ刑事」とかまで動向を観ていらっしゃるのですね。流石は
貴日さん!(^-^)

私はドラマというと、刑事モノはおろか、時代劇さえトンと観なくなって
しまい、最近では『東京湾景』『君が思い出になる前に』とか、流行モノ
っぽい系統のものばかり観てたりします。あ、NHK総合23時にやっている
シリーズも好きで観ますね。今は『火消し小町』ですね。『もっと恋セヨ
乙女』については以前も書きましたし、あと『ロッカーの花子さん』も
この時間枠で放送していましたね。

そうそう、最近のドラマと云えば、私が大好きな 永井“タイムレッド”大
くんが主演している、テレ朝の『ああ探偵事務所』が始まってたので喜んで
観ています。そんなに脚本が優れているわけでもないのですが、私がお気
に入りの人たちがいろいろと出ているのが楽しみなのです。

ところで「新人のベテラン」っ云う言い回し、確かに一見矛盾しているよう
な感じがしますよね。でも、サラリーマンの世界では、結構あり得る話だと
思いますヨ。転勤して今までの業務とは かけ離れた新しい職場に配属され
れば、たとえ勤続年数が長かろうと とりあえずは「新人」なわけですが、
経験をいろいろと経てきたという部分で、その会社の社員としては「ベテラ
ン」でもあるわけです。特に、このところリストラされたりすることも多々
あるご時世。これまでの職域が解体されて、いきなり新分野の仕事を任され
たりするということも珍しくないです。

技能や経験を武器にひとつの業界で渡り歩いているような業種の人たちの
間ではその経験が積み重なることで「ベテラン」と位置づけられるわけ
ですから、「新人」として扱われることはまずないとは思いますが、
サラリーマンのように、汎用性の高い、言い方を変えれば“取替えが利く”
職業だと、こういう現象も起きてくるのです。

 
[350] Re: 新人のベテラン
□投稿者/ 貴日 -0回-(2004/07/14(Wed) 11:49:24)
Res2
[引用]

説明ありがとうございます。

あ、なにわのご隠居さんはご自分の経験をおっしゃってらっしゃるのですね。
しかし、取り替えが利く…とは。ちょっと痛いお話です。
人事って不思議世界ですよね。友人の会社でも実際にありましたが、不祥事があったならいざ知らず、どうして、実績があったり、ン十年もやっていたベテランをいとも簡単に外してしまえるんでしょうかね。会社的にもマイナスですよね。人的資源の無駄使いとしか思えません。しかも根本的な無駄は改善されないままこびり付いている。そういうのはリストラクチャリングとは言わないですよね。

おっ今日はちょっと社会派だ(笑)。

 
記事リスト


記事リスト
[342] 演奏予定曲一部公開
□投稿者/ ザ☆カインズ -0回-(2004/07/10(Sat) 17:16:48)

[引用]

スペースカインズライヴ6の演奏予定曲を一部公開致しました!
トップページからリンクされています!(ネタバレ注意!)
興味のある方はご覧下さい!
逆に、当日まで演奏曲を知りたくない人は、決して見ないで下さいね!



[343] 決して見ないで下さいね
□投稿者/ 貴日 -0回-(2004/07/11(Sun) 00:52:04)
Res1
[引用]

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 
こんな横溝正史映画みたいな事いったら、見たくなっちゃうって(笑)。それで浦島太郎だって失敗してるんだから…

わー、最近全然書き込めなませんでした。
何で忙しい時は色々重なるのでしょう?わざとか?わざとなのか??

 
[344] 見ました
□投稿者/ じゅうよっつ -0回-(2004/07/11(Sun) 19:50:42)
Res2
[引用]

しつも〜ん!
劇伴コーナーってなんですか?

 
[345] 劇伴って?
□投稿者/ 貴日 -0回-(2004/07/12(Mon) 10:27:17)
Res3
[引用]

じゅうよっつさまいらっしゃいませ。
> 劇伴コーナーとは?

お応えします。
まず「劇伴」とは、劇中伴奏用音楽の略で、まぁ平たく言うと番組用の音楽の事です。バック・グラウンド・ミュージック(BGM)のことですね。好きな番組を見てると、主題歌とかテーマ曲とかと同じ位耳に馴染みのある楽曲ってありますよね。ある意味皆さんが聞くとは無しに聞いている潜在的な記憶の音楽です。
昔から貴日は好きな番組の音楽が、CDやレコードで聞けるとは限らない状態に満足していませんでした。ましてやそんな楽曲が生で演奏され、それを聞く機会などは皆無に等しいと思います。そこで、折角ドラマとかアニメ等の映像付帯の主題歌を中心に演奏しているバンドなんですから、そこまで(歌の無い楽曲まで)演ってもいいかな…と、実験的に劇伴演奏(未発売のテーマ曲演奏を含む)を演ってみたら、同じような思いの方が沢山いらっしゃったんですね。好評で、皆様から次は是非あの番組のあの曲を演ってくれ…というリクエストを戴きまして、いつの間にやらコーナーに成長いたしました。
現在一部では、ザ☆カインズは劇伴を演奏する稀有なバンドと言われています。

まぁ「劇伴コーナー」とは、歌の無い思い出の名場面音楽コーナーということですね。

 
[347] あー!
□投稿者/ じゅうよっつ -0回-(2004/07/12(Mon) 21:51:03)
Res4
[引用]

大吉で言う「千鳥の合方」→「天国と地獄」ですね!
劇伴っていうんですか。知りませんでした。(劇を伴う=「水戸黄門」の音楽を演奏されながら、バックで劇をやられるのかと・・きゃー恥ずかしい。)
いいですよね、劇伴曲!主題歌と同じくらい、聞いてるはずですもん。

 
記事リスト


記事リスト
[341] 祝・ロー&オーダーDVD化
□投稿者/ 貴日 -0回-(2004/07/05(Mon) 00:35:09)

[引用]

なんかひさびさの書き込みです。
最近、ユニヴァーサルから『ロー&オーダー』という米国テレビのDVDボックスが発売になりました。ここ10年程、必ずエミー賞のノミネート&受賞作だったんですが、なぜか日本での放送がなかったんですよね(スペシャル以外)。そこですぐ購入。
実は…待っていたのですよ、コレ。
貴日は、そのリアルな設定・魅力あるキャラクターから、CSスーパーチャンネルにて放送していた『ホミサイド/殺人捜査課』が大のお気に入り番組でしたが、その中に、物語の前編を『ロー&オーダー』後編を『ホミサイド』でなんていうクロスオーバーエピソードが多々あったのです。そこで、名のみぞ知るこの作品をいつの日か見ることを念じていたのですよ。

ここで作品を知らない人にちょっと説明。本作は犯人逮捕したら終わりの通常の刑事物と違い、逮捕した後の法廷で有罪を証明するまでの正義の戦いを描いています。だいたい1時間(47〜8分)の作品を2パートに分けて、22〜3分づつの刑事編と検事編で構成されています。ひとつの事件に対してそこまで徹底的に描けたなんて衝撃的ですね。リアリズムというか…まるでドキュメンタリーのようです。
今回は1stシーズンのみで、『ホミサイド』とのクロスオーバー話はまだ収録されていませんが、全22本どれも素晴らしい作品でした。

80年代のスティーブン・ボチコプロの『ヒルストリート・ブルース』やデビット・E・ケリーの諸作品から除々に始まった新しい集団ドラマのスタイルは、『ロー&オーダー』(法と秩序)にも受け継がれ、『ホミサイド/殺人捜査課』と並び、90年代の米ドラマを代表する、メインストリームになりました。
そしてこの作品の成功が以降のドラマを変え、『ER』『アリーMy Love』などの様々な作品が生み出されて来たことはみなさんもご存知の通りです。

さぁ、この機会に是非、みなさまのその目で「伝説」をお確かめ下さい。



記事リスト
[338] 餃子・レコード
□投稿者/ 貴日 -0回-(2004/07/02(Fri) 01:37:24)

[引用]

gianfcさん、事情通さん遅くなりました。いらっしゃいませ。

> gianfcさんの楽しみなstar615って何なのでしょう?教えて下さいませ。
このHNはドラリスト方面の方ですよね。じゃあドラ関係なのか???

> 事情通さん、ホントに会場付近の事情通でいらっしゃる。
そうそう、当日はナント「隅田川花火大会」と一緒の日なんですよねー。ところで花火大会ってもうちょっと…夏の終わりのイメージがあるのはボクだけ?ま、江戸ッポイからありだけど…。

昨日、蒲田に餃子を食べに言って来ました。って『アド街』で見たからなんだけど…(笑)。「ニイハオ」っていうお店。
結構有名店なんですってねー。知らなかったです。知らないで行ったから、ちょっと迷ったけど、京急蒲田駅からスグの所。
羽付き餃子300円。美味しかったです。しかも安い。ラーメンも300円。

それと、驚いた事がひとつ。
蒲田といえば一部には中古レコードの「えとせとらレコード」が有名ですが、なんと…!サントラのメッカ、サントラ館が閉鎖になっちゃったんですよ。6月30日をもって閉店。偶然とは言えそんな時に行っちゃうなんて…いままでは高いから買わなかったけど、無くなれば無くなったで、ちょっと悲しいのが人情…でも、LP、EP、CDどれでも1枚105円。EP盤を50枚ほど買っちゃいました(笑)。



[339] 蒲田・・・
□投稿者/ なにわのご隠居 -0回-(2004/07/03(Sat) 00:27:42)
Res1
[引用]

私も、蒲田に有名な餃子があるとは知りませんでした。ラーメンも
300円というのは、確かに安いですね。今度、行ってみようかな?

関西人の私にとっては、餃子と云うと、やはりイメージするのは
『餃子の王将』(『大阪王将』じゃなくて、京都が本店の方ね。)
の餃子です。関東の餃子は、総じて皮が厚手でモチっとしていて、
中身がジューシィなものが主流ですが、関西のは皮が薄くて、
パリッとした食感が味わえるんですヨ。私は、どちらかと云うと
そっちが好きなんです。関東在住期間中にも、仲間とよく水道橋の
『餃子の王将』に行ってました。

> それと、驚いた事がひとつ。
> 蒲田といえば一部には中古レコードの「えとせとらレコード」
> が有名ですが、なんと…! サントラのメッカ、サントラ館が
> 閉鎖になっちゃったんですよ。6月30日をもって閉店。

えーーーーっ! あの店、閉店したんですかっ! しかも、つい
一昨日のことじゃないですかっ! う〜ん、そうですかぁ。
思い起こせば、私がまだ関東にそんなに親しんでいなかった頃、
ごくたまに上京した時に「えとせとらレコード」を覗きに行って
ましたヨ。そうそう、当時は、まだ西新宿に店があったんです
よね。蒲田に移転してからも、一度だけ行きました。確かに、
「えとせとらレコード」は、モノの価値を妙に判っていると
云うか、客の足元を見ていると云うか、結構高かったのですが、
他の店に置いていない物件があったので、つい何枚かは買って
しまったことがあります。

> でも、LP、EP、CDどれでも1枚105円。EP盤を50枚
> ほど買っちゃいました(笑)。

羨ましい〜〜〜っ! 私も行きたかったなぁ。

 
[340] 割り込みます
□投稿者/ ドラ&ツアーリスト和賀 -0回-(2004/07/03(Sat) 01:42:08)
Res2
[引用]

蒲田のお話し中すみません。しかし蒲田といえば、ここではイイや。長くなるから。
>貴日さん。615はジャイアンの誕生日ですよ!ちなみにもっとも有名なドラの誕生日は903、のび太は807。非公認ですけどスネ夫は327〜330(忘れました)しずか、ドラミは同じ日で1204(1202?忘れた)だった事を記憶しています。
そういえば、やっぱりジャイアンTシャツ買いそびれました。

 
記事リスト


記事リスト
[310] スペースカインズライヴ6
□投稿者/ スペースカインズ事務担当:常 -0回-(2004/06/13(Sun) 00:43:22)
□U R L/ http://www.spacekinds.com/

[引用]

大変お待たせいたしました。
本日「スペースカインズライヴ6」の詳細をアップしました。
みなさんお待ちかねの時代劇大特集!
ライヴタイトルは“チャンバラ・ちょんまげ歌合戦”です。
今回もカインズならではの選曲でお送りいたします。
チケット受付けも開始いたしましたので、みなさん振るってご参加下さい。
是非是非、お待ちしてます。



[323] Re: スペースカインズライヴ6
□投稿者/ のりまろ -0回-(2004/06/19(Sat) 23:56:23)
□U R L/ http://srhs.hp.infoseek.co.jp

Res1
[引用]

早速ライブの予約させていただきました!
チケット代は・・・来週の給料日後に(^^;
演奏曲も楽しみですが、今回の会場の雰囲気がとても楽しみです。

 
[324] 有賀透三
□投稿者/ 常見 -0回-(2004/06/20(Sun) 07:57:26)
□U R L/ http://www.spacekinds.com/

Res2
[引用]

のりまろ様
早速のお申し込みありがとうございます。

会場の「深川江戸資料館」には、実物大の江戸の町並みが再現されていて、ちょっとしたテーマパークのようで楽しめます。
入館料は300円ぐらい(←正確な情報は資料館好きの和賀くんよろしく!)だったと思うので、時間に余裕があれば、早めに来て是非覗いてみてください。
いっそう時代劇な気分になれること請け合いです。
また、近所の「清澄庭園」なんかも風情があっていいですよ。
聞いたところによると、周辺の食事処もおいしいという噂。

今回はいつもより大きめの会場なので、大勢で近所の夏祭りにでも出かけるつもりで来ていただけると嬉しいです。

当日は某所の花火大会だったりしますが、今年は「スペースカインズライヴ」でドカンといきましょう!



 
[325] 目黒祐樹
□投稿者/ 貴日 -0回-(2004/06/22(Tue) 10:35:38)
Res3
[引用]

旦那、そんなタイトルじゃわかんないジャン(笑)。

あ、のりまろさん。ありがとうございました。是非お友達にも紹介してスペースカインズの輪をネズミコウのように広げて下さいね。




 
[337] Re: スペースカインズライヴ6
□投稿者/ 事情通 -0回-(2004/07/01(Thu) 09:25:49)
Res4
[引用]

江戸の町並み(下町の長屋)の展示室は17時閉館、入場は16時半までなので、ご覧になる方はお早めに(^^;)。(中はゆっくり観ても1時間は掛からず回れます) 
 某花火の人ごみを避けたい方で、お食事など色々散策したい方は隣駅の門前仲町をお勧めします(飲み屋も多数あります)。
 門仲より資料館まで、徒歩800mの清澄通り沿いにも何件かお店があります。

 
記事リスト


記事リスト
[336] star615
□投稿者/ gianfc -0回-(2004/06/30(Wed) 15:33:43)

[引用]

楽しみ



記事リスト
[330] ネスカフェ・ゴールドブレンド
□投稿者/ 貴日 -0回-(2004/06/27(Sun) 00:30:49)

[引用]

タイトルにあるとおり、そのCDが出ました。キングレコードより。
そう、あのダバダ〜っていう奴です。「ネスカフェ・ゴールドブレンドのテーマ」といえば、作曲の八木正生先生のウルトラ級名曲です。しかも色んなヴァージョンが入っているとの噂に、もう買う前からドキドキ。以前クラウンから発売した小林亜星先生の「夜が来る」や「レナウンワンサカ娘」はこんな感じだったし、きっと…あんなのやこんなのや…想像はドンドン膨らみます(宇宙規模)。
伊集さんのヴァージョンだけでも何種類もある筈だし、頭にブリッジがあるヴァージョン(これは既発)と、無いのもあったなぁ…「めざめ」(以前ここで触れたレコードヴァージョンです)も入ってるかも…で、購入して曲目を見て愕然。だってあなた、驚いたのはオリジナルの伊集さんのヴァージョンが1曲も入ってないじゃあぁありませんか!!!そんなのアリでしょうか。がーん。
ネスカフェの夢、一瞬にして破れました。
せ、せめて、1曲…



[331] Re: ネスカフェ・ゴールドブレンド
□投稿者/ じゅうよっつ -0回-(2004/06/27(Sun) 22:25:49)
Res1
[引用]

お初です!
こちらのサイトを知ってから、お邪魔してるんですが、7月末のライブが終わるまで我慢しようとカキコの虫を抑えていたのに、もう我慢の限界!
それに、貴日さまがネスカフェのお話しされるので、頭の中から「ダバダ〜」がはなれなくなってしまいました。

その夢、CD「青春のかけら」にてすこおしはふさがるやも?

質問があります。今度のスペースカインズライブのカキコのタイトルにある「有賀透三」と「目黒祐樹」って、何か深い意味があるんでしょうか?(たまにはよく眠らせてください。)(ほんとは前後不覚に眠ってますが)

 
[332] ダバダ〜
□投稿者/ 貴日 -0回-(2004/06/28(Mon) 12:56:13)
Res2
[引用]

じゅうよっつさま、いらっしゃいませ。こちらでははじめまして。
カキコ有賀透三(笑)。いつもあちらではいろいろお世話になってます。

> CD「青春のかけら」
なんですってー???買わねば。情報ありがとうございました。では早速。

> 質問について…スペースカインズライブのカキコのタイトルにある「有賀透三」と「目黒祐樹」の意味。
上記の使い方とおんなじだと思います。ベースの常ちゃんも近衛十四郎ファンだからです。7月のライブでは近衛十四郎コーナーがあるからかも…ちなみにカインズではドラム、ベース、とワタクシの3人が近衛フリークです(笑)。
これで、いつもより多く眠れますね。

 
[333] Re: ネスカフェ・ゴールドブレンド
□投稿者/ じゅうよっつ -0回-(2004/06/28(Mon) 22:19:30)
Res3
[引用]

ええっお三人も!?
では、50%の、確率でこのちゃんファンでらっしゃるってことですか!すごおい!

 
[334] 徐々に
□投稿者/ 貴日 -0回-(2004/06/29(Tue) 13:18:34)
Res4
[引用]

今はまだ50%ですが、徐々に布教中です。
 
[335] 布教
□投稿者/ じゅうよっつ -0回-(2004/06/29(Tue) 22:04:15)
Res5
[引用]

お手伝いできそうなことがあったら仰ってください。
 
記事リスト

[前の15件] [次の15件]

全ページ数 / [0] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]
- I-BOARD -